プロペシア処方にかかる金額

プロペシアを処方された際に支払う金額は、医療機関によって異なります。
医療機関によって金額が異なるのは、プロペシアの処方は自由診療とされているからです。
ですから、プロペシアの価格は医療機関が自由に決めることができ、安くて1ヶ月で7,000円、高いと10,000円を超えることもあります。
保険適用外で全額自己負担になりますから、AGA治療の金銭的な負担を減らすためにも、少しでも安く処方してくれる医療機関で処方してもらわなければいけません。
プロペシアは、医療機関で処方される方法以外に、個人輸入代行業者を通して手に入れることもできます。
ネットの個人輸入代行業者から購入した場合は、最安で5,000円ほどです。
また個人輸入代行業者からは、プロペシアのジェネリック薬を購入することができます。
ジェネリック薬なら、医療機関で処方される価格の10分の1程度で手に入れることが可能です。
効果や副作用について大きな違いはないので、AGAを安く治療したいならジェネリック薬を選びましょう。
ただし個人輸入代行業者からの購入は、プロペシアの正規品であれジェネリック薬であれ、偽物が販売されていることがあります。
個人輸入代行業者を通して購入する場合には、信頼のできる業者を選ぶようにしてください。
また、相場よりも低価格なプロペシアは、偽物である可能性が高くなります。
安い価格を追い求めることも大切ですが、あまりにも安すぎる場合は注意が必要です。
医療機関で処方されると、高い価格を支払わなければいけません。
しかし、医師の診察を受けていますし、信頼のできる場所から手に入れることもできます。
もっとも安全な、プロペシアの入手法と言えるでしょう。

■参考サイト
あんしん通販薬局ってどんな薬局なのか
■実績のある代行業者から購入しましょう
エフペシアなら安全に使えます