市販のAGA治療内服薬はあるのか

プロペシアと言えばAGA治療に用いられる薬の名前として広く知られるようになってきました。現在の日本でこのプロペシアを入手するには病院にかかって医師の処方を受ける必要があります。現在の日本においては認可された医薬品の場合には正規のルートでしか購入すrことが出来ませんのでプロペシアを入手しようと思った場合には治療を行っている医療機関での診療を受けて薬の処方箋を書いてもらう必要があるのです。
しかしながらこの様な購入の仕方ではかなりのお金が書かてしまうために、出来れば病院を通さずに安価な市販薬として購入することが出来ないかを考える人も出てくるのが一般的です。結論から言えば日本という国が認可した医薬品を正規のルート以外で入手することは違法です。しかし認可されていない薬であれば海外からの個人輸入などの方法で合法的に入手すること自体は可能です。
この様にして入手したものに限っては自分自身で使用する場合に限って違法性はないとされます。しかしながらどのような薬にも必ず副作用がある様に、AGA治療薬にも思わぬ副作用があるのが一般的です。例えば有名な成分であるミノキシジルの副作用としては多毛症やむくみ、動悸などがあります。この様な薬を飲んでいる場合には発毛を期待していることが殆どであると思われますが、多毛症と呼ばれる副作用が出た場合には本来毛が生えることは無い耳たぶや指の関節の間など特殊なところからの発毛があるという問題が生じるケースもあります。
いずれにしても病院での処方としている背景には安全のためという問題があるのです。如何に非合法ではないとしても、医師の管理のないところで飲む飲み薬は危険です。そのことだけは理解しておかなければなりません。