AGA治療薬の主な副作用とは

AGAの治療薬としてプロペシアという薬があります。この薬を服用することによって、薄毛を改善させることができるようになります。では、なぜプロペシアを服用すると薄毛を改善させることができるかというと、プロペシアの成分には薄毛の原因となっている酵素の働きを抑制する働きがあるためであると考えられます。
薄毛の原因となっている酵素は、男性ホルモンが関係しており、この酵素の働きによって髪の毛の成長が途中で止まってしまうと考えられています。ですから、プロペシアを服用することによって、今まで成長が止まっていた毛髪が再び成長を始めるということが言えます。
しかし、このプロペシアは副作用が全くないわけではありません。主な副作用として考えられているのは、肝臓への影響、精力の減退、精子の減少などが挙げられます。
肝臓への影響に関しては、プロペシアを服用すると分解される場所が肝臓であり、毎日服用していると肝臓の機能が低下してしまう恐れが出てきます。精力の減退については、薄毛の原因とされる酵素は男性ホルモンと関係していますが、男性ホルモンの働きが弱くなってしまうことによって稀に精力の減退につながることもあります。精子の減少についても、精力の減退と同様に男性ホルモンのバランスが悪くなることによって起こる可能性が出てくると考えられます。
これらの副作用については、確率的にいうとわずかな数値となっており、誰でも副作用が起こるわけではありません。しかしもし、気になるような症状が出てきた場合は、一度医師に相談してみることが大事になってきます。また、重篤な副作用の場合は、すぐに薬を中断してみて、様子を見ることも大事になってきます。